蛇口の水漏れ対策と火災保険の対象になるケース

日々生活していくうえで、蛇口からの水漏れが発生することもあります。自分で修理をすることも可能ですが、業者に依頼する場合は修理費用が発生します。その際に、火災保険に加入しておくことで費用を補償してもらえる場合もあります。

■蛇口水漏れでも火災保険で補償される場合

蛇口からの水漏れで水の噴射などがあれば、建物に被害を与える可能性があります。賃貸物件の場合は自分若しくは隣の室内の壁を濡らしたりなど影響を与えてしまうこともあります。家電や家具などを濡らしてしまっても、生活に影響を及ぼしてしまいその分の損害賠償も支払うことを求められる場合があります。一軒家の場合でも、建物にカビが発生したりなどの被害を受ける場合も起こりかねません。
火災保険に加入しておくと、賃貸物件の場合隣人の被害や施工が必要な場合は瑕疵によるトラブルの場合は補償が受けられます。修理に掛かる費用はもちろん、各種保証の対象です。ただし、そこまで大きな被害となれば蛇口に何かしらの症状は出ていた場合も多いです。気になる症状が出たら、早めに業者に依頼して修理をすると良いです。保険があるからととらえて放置してしまえば、自分だけでなく周囲の方の生活に悪い影響を与えてしまうこともありますので気をつけましょう。

■蛇口水漏れでも火災保険で補償されない場合

水漏れが生じた場合、賃貸物件にて他人の生活に影響を及ぼした場合は火災保険の対象となります。一方、蛇口の経年劣化に伴っての建物に被害を与えた場合は対象になりません。老朽化などの症状は、未然に防ぐことが可能なためです。
洗濯機のホースが外れたり風呂を詰まらせた場合など、不注意に関するトラブルでは保険の対象外です。これらは日頃から生活場面で使用する水回りの状態確認をすることで、水漏れを未然に防ぐことが可能になります。
賃貸物件の場合は、隣人から被害を受けてしまったり、自分がトラブルを起こして加害者となる場合があります。入居時に火災保険の加入をして、水漏れ特約がオプションとしてあれば加入しておくことでトラブル時の負担軽減をもたらします。わからない場合は、管理責任者や保険会社に相談してプランの確認をすると良いです。

■まとめ
蛇口の不具合などで水漏れは起こりかねませんが、火災保険に加入しておくと場合によってはトラブル時の費用を負担してもらえます。ただし、経年劣化や不具合は何かしらの予兆を見つけて修理することで大きなトラブルを防げます。保険が下りるには期間も掛かりますから、修理などの費用面における準備も必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ