賃貸物件で床の水漏れが起きた場合の対策と保険の活用

賃貸物件で生活をしていると、配管トラブル等で天井から水漏れなどが起きかねません。外出先から帰宅して床が濡れてしまうことで、家電製品などにトラブルを受けてしまっている場合があります。火災保険に加入していると費用負担も軽減されるケースもあります。

■床の水漏れに直面した場合にすべきこと

床の水漏れが起きた際、冷静な判断ができない場合があります。先ずは、可能な範囲で原因を見つけることや応急処置をすることで被害を抑えていきます。原因を見つけた場合、賃貸物件では状況報告を管理責任者にしたうえで建物の修繕は信頼出来る専門業者に依頼するなどの手立てをとります。
一方、床だけでなく家電製品など生活用品に影響を及ぼしている場合も考えられます。火災保険に加入している場合は、費用を賄える場合がありますので管理責任者や保険会社に確認すると良いです。特に、個人賠償責任保険に加入をしておくと自分の生活はもちろん他者に被害を与えた場合も賠償してもらえることがあります。

■スムーズに火災保険が下りるのか

火災保険に加入していて、施設若しくは個人賠償責任保険などのオプションに加入しておくと費用面での負担は賄えます。特に水漏れ事故で床の張替が必要になった場合は、賠償請求がスムーズにいきやすいです。
一方、上階に住んでいる方など他者から被害を受けてしまった場合は、時間を要することがあります。セキュリティー面を懸念して同じ建物にいても他者との交流を持たない場合も少なくありません。一方的な主張や損賠賠償請求をしてしまえば、住人同士のトラブルにもなります。また、投資目的で部屋ごと購入されている方もいます。その場合は使用者と所有者が異なります。たとえ住んでいる方が加害者であっても、請求先が購入者となれば賠償責任の所在確認が必要となり相応の労力を要します。
自分が水漏れ補償の保険に加入をしていると、たとえ被害を受けても損害をカバーしてもらえます。その場合は、保険が下りるのに長期になりにくいです。迅速かつ丁寧に仕事をしてもらえる所だと特に心強いです。

■まとめ
賃貸物件で生活をしていると、水漏れや床の浸水などトラブルが起きかねません。自分が水漏れ補償の保険や個人賠償責任保険に加入をしていれば、保険の範囲で費用は賄えます。被害の診断や見積もり書を作成をしてもらう際には、信頼できる業者に依頼します。他者に損害賠償請求する場合は、個人間で行うことは住民間トラブルになりやすいです。管理責任者に相談した上で対策をとるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ