配管の水漏れ予防や対策と火災保険の利用

生活場面で配管が破裂したり経年劣化で亀裂が生じた場合に、水漏れが起こりかねません。日頃の生活で予測が出来ない場合は火災保険で賄えますが、経年劣化を放置した場合などは対象外です。特に、老朽化した建物に住んでいる場合にて配管や水漏れの不具合を放置したままでは保険が下りないため予め修理の対策が必要です。

■中古住宅での配管トラブルや水漏れ予防

中古で購入した住宅への入居後まもなく、水漏れや配管トラブルが生じた場合にはどのようになるでしょうか。中古住宅であっても、トラブルが発生した場合は瑕疵担保責任を売主側に問うことが可能です。しかし、中古住宅は経年劣化を加味して価格が決定されていることも多く、そのような場合は自己負担での修繕となることもあります。また、契約の際に瑕疵担保責任を負う期間などについて定めていることもあり、その期間を過ぎてからのトラブルに関しても同様に自己負担となります。
こうした事態を防ぐ方法として、リフォームの専門業者に家屋の診断をしてもらうと良いです。診断は無料でしてもらえることが多く、その結果を踏まえて施工プランを提案してもらえます。費用も相応に掛かりますが、ローンを組める場合もあります。放置してしまうと生活に影響を及ぼしかねませんので、一つのアイデアとしては有効です。依頼する業者選びにて給水装置工事主任技術者などの有資格者がいる所は、配管トラブルなどに対応できる知識と技術があるので安心です。

■配管の水漏れを放置すると起きること

配管の破損や水漏れを放置してしまえば、水道代の高騰だけでなく建物全体にも影響を与えかねません。壁や天井に水が掛かり、ふやけてしまい劣化に繋がります。1か月以上放置してしまえば、カビや黒ずみが発生しやすいです。家屋の柱や土台に水漏れの影響を与えてしまえば、シロアリなど害虫が侵食してしまいます。基礎を食い荒らして倒壊になりかねません。
火災保険に加入しておくと、リフォームや修理に伴う費用を賄ってもらえます。予め加入前に保険の対象範囲を確認しておくと良いです。サービスにおける説明が明確で、迅速な対応をしてもらえそうな会社を選べばいざという時に心強いです。既に加入している場合は水漏れなどの症状が出た際に費用が下りるか否かを確認してから、リフォームなどに繋げることで費用負担軽減をもたらします。

■まとめ
配管の破損や水漏れは放置してしまうと、建物全体が傷んでしまいます。信頼出来るリフォーム業者を選び、診断をした上で施工をするとトラブル回避にもなります。火災保険も利用できる場合があり、上手に活用することでリフォームなど修理費用に充てることも可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ