水漏れ被害費用を賄う保険について

水漏れ被害費用を賄う保険について 生活場面において、蛇口の不具合や配管の破裂など水漏れは発生します。それに伴い、症状が大きい場合は床などの家屋に被害を及ぼしかねません。水回りの機器だけでなく、家屋の修理も必要になれば高額な費用が掛かります。保険に入っていると、場合によっては保証が受けられて費用の負担軽減に繋がります。
火災や地震保険など任意で加入するタイプもあれば、賃貸物件の場合は予め建物全体として保険加入をしていることもあります。ライフスタイルに合った選び方をすることで、水漏れが起きても心配が減ります。

■火災保険は水漏れ修理に役立つか

賃貸物件などで良く起こるトラブルには、建物上階からや床下浸水などの水漏れ事故があります。賃貸物件は他の住民が水漏れの原因となっている場合、支払いの対象にならない場合もあります。火災保険に入っていると、条件によっては補償が受けられます。
火災保険加入時には、水漏れ事故に伴う補償も対象かどうかを確認します。保険対象として、建物や家財の場合は対象となります。配管など給排水設備の事故の場合は対象になりますが、設備そのものに損害が生じている場合は、補償対象とならないことが多いです。
賃貸物件の場合は一般的に、管理組合や賃貸業者が代表となり火災保険に入っています。わからないことがあれば、契約時に確認をしておくとトラブル時に費用負担軽減に繋がります。

■火災保険と水災補償について
保険加入時に、水災補償がオプションとして加わっている場合があります。生活場面での水漏れではなく、台風や豪雨に伴う災害時の事故によることが対象です。例えば一戸建て住宅の場合、災害で床上浸水が起きた場合は補償が受けられます。竜巻や突風など、屋根が衝撃を受けて水漏れが発生した場合も風災補償として対象となります。
一方、雨漏りなど建物の老朽化に伴う場合は対象とはなりません。火災保険では、予期せぬ事故が対象ですから予め判断ができる場合対象外となるため、こまめに点検をしておく必要があります。
補償の対象となるケースは各会社の取扱う商品によって異なります。任意で保険に加入している場合は、水災や風災も対象にするか否かを確認すると良いです。基本料金に含まれている場合もありますが、加えるにあたって別途費用を支払うこともあります。

■地震保険は水漏れでも保証が受けられるか確認

地震に伴い水漏れなどが生じた場合、火災保険などの個人賠償責任保険では対象になりません。地震は天災ですから加害者のいないトラブルです。近年では耐震化の建物が増えていますが、地震に伴ったトラブルも起こりかねません。地震保険に入っている場合は、水漏れなどが生じて建物に被害を受けた場合は補償されます。ただし、各業者によって判断基準が異なったり、全壊や半壊などと対象が異なります。保険加入時に、各種確認すると良いです。
裁判を経由して、保証を受けた事例もいくつかあります。建物が耐震化構造に強いものであっても、経年劣化した器具を設置していたことで瑕疵に伴ったトラブルと判断された場合もあります。巨大で異常なレベルでの地震が対象と判断されることもあります。裁判となれば相応に申請には費用が掛かります。相手の業者がいる場合など、調査には年単位の期間を要することもありますので注意が必要です。

■まとめ
水漏れは、生活上起こりうるトラブルの一つです。予め修理などで手立てが打てる場合は、可能な範囲早めに修繕をしておくことで費用や被害を抑えることに繋がります。水災や風災、地震などで被害を受けた場合は各種保険に加入しておくと費用面は負担してもらえます。各会社で取り扱う内容が異なりますから、確認が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース